一日三食三日で九食

茂木和菓子の日々

お笑い

5日間も空けてしまった。

僕は暇だと、ひたすらスマホをいじってしまう。だからTwitterの更新率も上がりブログも書いてみたりする。

 

かといって5日間暇じゃなかったという訳ではなくてバイトして帰ってきて寝て、という3日間とJRのガンダムスタンプラリーの65駅を回るという2日間を過ごしていた。きっと2日間であれだけ電車に乗るのは人生で最初で最後だろう。

都会に出るのは疲れる。今日も東京に行くのだけど。

 

バイトしかしない生活になって、もうすぐ半年になる。「これでいい」という思い半分、「ひょっとしたらやりたいことあるんじゃないか?だとしたら時間がもったいない」という思い半分。

落ち着いてるように見えて、たまに焦る。

 

現に自分が面白いことが思いつかなくなっている自覚はあって、どんどん感覚が鈍っている。それだけは辛い。もともと優れた感性を持っていた訳ではないけど。

 

経験談なのだけど1人で腐っていても結局は誰も自分の人生や進路を変えてくれたり助けてくれる訳ではないので、自分で何とかするしかないのだ。(今まで2回くらい戻ってこれないんじゃないかというくらい気持ちが最底辺にいった)

 

今、ぼんやりと考えているのがフリーのお笑いライブにピンで出ようか、お笑いライブが好きなのでスタッフになろうか、という二択だ。

(お笑いの媒体ではライブが1番好きなので関われるだけでも嬉しい)

 

僕の位置だったら、辞めるも続けるも一緒だと思っている。「だったら好きなお笑いに関わる方がいいんじゃないか?」と思った。

おそらく活躍しているプロの方々には足元にも及ばない。周回遅れだ。感性や生まれ持ったものや、経験、努力量が違う。

 

高望みせず頑張れればいい。

だから少しでも感覚を取り戻すためにネタを書き始めようと思っている。

 

いい方向に向かうといいな。