一日三食三日で九食

茂木和菓子の日々

茂木の人生という名の漫画

3月~4月は別れと出会いの月っていうけど、フリーターの僕は特にどちらも無い。

 

ふと考えてみると大学卒業から1年経った。

僕は暗いなりに、わりと色々あった数年間だったな、と思う。

 

大学在学中は多分ずっと関わるかもなっていう友だちができたから良かった。

あとは19の時にアマチュアでお笑いコンビを組み大学卒業まで活動していた。(出来ればそのコンビでずっと活動したかった。)

 

それで今23歳。完全に何もしていない。

 

思えば、僕は昔からずっと自分を客観的に見ていて現実を生きる自分の他に脳内で冷静にそれを眺めている僕がいる。

 

眺めている方の僕は夢を見ている感覚というか漫画を読んでいる感覚だ。

現実の僕が失敗すると「あー、こいつまたやってんな」って思って見ている。

現実の僕がキレると「やめとけって。見苦しいぞ」って思って見ている。

 

眺めている方の僕としては、ここ4年くらいの人生は見ていて面白かった。

最近は面白くない。

 

面白くしたいとは思ってる。

やはり僕みたいに暇だとネガティブなことを考え続けてしまう人間は夢中になれることをやり続けた方がいいのではないかと思う。