一日三食三日で九食

茂木和菓子の日々

和菓子になった

バイトだけして酒を飲み寝る生活を8ヶ月続け長い間、僕なりに考えた結果ピンでお笑いの活動を始めることに決めた。

 

お笑いの告知用に作成したアカウントを消し、趣味アカウントとして作成したアカウントを再び告知用に兼用する、というTwitterの使い方として正しいのか否か分からない使い方をする。

 

ブログは今まで通り、書きたいことを書くスタンスで継続します。

 

こういうことは、実力のある人しか言っちゃいけないのだが僕は一度、お笑いから逃げてしまった。辞めて、そこそこの金を稼いで楽しく生きられると思った。

 

でも、違った。

 

もともと、僕は誰かに必要とされず人を愛さず愛されず、自己肯定感がなく、ネガティブにどこにも馴染めず生きていた。

 

そんな中で、唯一やりたいと思ったお笑いを19の時に始め小さい頃から何にもできない僕が楽しいと思えるようになって、誰かに笑ってもらえる、という日々を少しずつ送れていた。

 

そのお笑いを一度、辞めてしまった。

僕が探す努力をしなかっただけかもしれないが、辞めてからやりたいことが、まるで見つからなかった。

 

辞めたことによる不安。目標がない。

それが辛かった。

甘ったれた考えで、一人でどこまで行けるか分からないけど、一人でやると決めたので今度は辞めず頑張りたい。

 

Twitter→@daibouken_mogi